メイクセラピストに期待される介護現場の心のケアについて

心のケアの重要性について

高齢者には心のケアが必要

人は高齢に近づくにつれて、友人や家族との別れを何度も経験します。年齢に関係なく大切な人との別れは辛いものですが、高齢者の心にはより大きな負担となってのしかかる問題です。子育て全盛期のような忙しさや社会的役割から解放されると、気が楽になるのを通り越して喪失感から心身のバランスを崩してしまう高齢者も少なくないんです。老化によって身体機能が低下してくると、これからさらに老化が進んだら自分はどうなるのだろうかと、ますます不安になってしまう人もいます。それでも元気に老後を楽しむ人がいる一方で、さまざまな不安から健康を害してしまう人は数多くいます。さまざまなストレス要因を抱える高齢者に、新型コロナウイルスの感染拡大という新たなストレスが加わって、心のケアの重要性はさらに高まってきています。
介護を行う側は、ぜひこの点でよく想像力を働かせてみてください。大切な人を次々に失い、社会的役割を失い、老化によりできないことが増え、ウイルスの感染に怯え、死が迫る不安と恐怖を抱える日々が自分に訪れたらどう感じるでしょうか。現役世代が忙しい生活を送っているとリアルに想像しにくいと感じる部分かもしれませんが、できる限り想像して高齢者の感覚に心を近づけてみてください。高齢者が健やかな毎日を過ごすためには、身体的な介護だけでなく心のケアがとても重要であることにきっと気づくはずですよ!

高齢者には心のケアが必要

高齢者のストレス

高齢者が抱えがちなストレスについてもう少し掘り下げて考えてみましょう。高齢者特有のストレスとしては、配偶者の死や社会的地位の喪失、経済不安などがあります。長く連れ添った配偶者の死が心にもたらすダメージはかなりのものです。社会的地位を失って生きる希望が持てなくなってしまうというのもよくあることです。目や耳の感覚が衰えて、身体も思うように動かせなくなると、自尊心がどんどん低下してしまいます。家族や親しい友人が近くにいるのに、ひどく孤独を感じてしまうことも少なくありません。脳の機能が衰えてくると、記憶力や判断力、認知力が低下してしまい、それまで当たり前に適応できていたことに適応できなくなります。これらのストレスがあるにもかかわらず、我慢強い人ほど極限までストレスをため込んでしまいます。

高齢者のストレス

少しのきっかけが高齢者の心のケアにつながる

高齢者のストレスについて考えていくと、負の要素しかないかのように見えてきますよね。でも、介護する側が少しのきっかけを作るだけで、高齢者の気持ちを明るい方向へ導くことができるんです。女性であれば、ちょっとしたオシャレが生きがいになることもあります。メイクセラピストが介護現場で注目されつつあるのは、メイクのもたらす心理的効果が高齢者支援に大きく役立っているからなのです。

少しのきっかけが高齢者の心のケアにつながる

最も注目されている記事

  • 導入事例をチェック
    導入事例をチェック 更新日

    介護施設におけるメイクセラピーの導入事例は、メイクセラピストの仕事についての理解を深めるのに役立ちます。メイクセラピーを体験した高齢者の多くが結果にとても満足しており、次の機会を楽しみにしています。最初は遠慮がちな人も、メイクが進むにつれ積極的になるケースが多いようです。実際にメイクをするのは女性ですが、男性もその場の華やいだ雰囲気を一緒に楽しんでおり、全体としてのコミュニケーションが活発になります。

  • 介護業界に転職する
    介護業界に転職する 更新日

    メイクセラピストとして介護業界で働くためには、介護ケアを受ける高齢者の心に寄り添う強い気持ちが必要です。深い苦しみや悲しみに関する話に触れたときでも、落ち着いて相手の心に寄り添う覚悟を最初にしっかりと持っておきましょう。転職活動は、介護業界に特化している転職エージェントにまず相談してみることをおすすめします。おすすめのエージェントとして、「きらケア介護求人」「ココカイゴ転職」の2社を厳選して紹介します。

メイクセラピストに関心ある方へ メイクセラピストに関心ある方へ

美容を用いた新しい介護ケア「メイクセラピスト」について仕事内容や求人事情などを紹介するサイトです。