介護の現場でメイクセラピストとして働きたいなら

メイクセラピストの仕事に興味があるなら

メイクセラピストになるためには

メイクセラピストとして介護現場で働くことを目指すなら、メイクセラピストの仕事についてバランスの取れた見方を持っておくことが大切なんです。メイクのセンスや技術ももちろん大切なのですが、なによりも大切なのは、メイクセラピストが「人の心をケアする仕事」であると強く自覚しておくことです。介護現場で働くメイクセラピストにとって、メイクは介護ケアのためのひとつの手段です。メイクの経過や結果を通じて気持ちを明るくしてもらうことが、メイクセラピーの一番の目的であることを忘れないようにしましょう。セラピーを受ける人の中には、もともと明るい人もいればネガティブな感情を抱えている人、強いコンプレックスがある人もいます。どんな性格の人でも、感情が負のスパイラルに陥ってしまうと自力で立ち上がるのは難しくなってしまうものです。高齢となり認知症やその他の症状を抱え、介護を受けながらなんとか生活している人ならそれはなおさらかもしれません。
メイクセラピストには、さまざまなタイプの高齢者の心に寄り添いながら、メイクを通じて心を明るくしていく技術力が求められています。メイクセラピストになるための近道は、メイクセラピストの養成講座で知識と技術を身につけて資格を取得することです。美容に興味がある人なら、楽しみながら学ぶことができる分野です。セラピストとしてのコミュニケーション力や接客力も必要です。メイクセラピストはまだまだ認知度が低い職業ですが、言いかえればここからまだまだ発展していく余地がある職業です。働く場所も介護施設に限らず、化粧品メーカーやエステサロンなど、美容関連の企業などがあります。実力と経験があれば、ゆくゆくは開業の道もありますよ。

メイクセラピストになるためには

独学はなかなか難しい

メイクの勉強は独学でもできるのですが、実際のところはやや難しいというのが現実なんです。メイク専門の学校に通ったことがある人やメイク関係の仕事に就いたことがある人なら独学でも対応できるかもしれませんが、そうでないならメイクセラピー講座などの利用をおすすめします。一般社団法人メイクセラピストジャパンでは、心理カウンセリングの手法を取り入れた技法を習得できるメイクセラピー検定を実施しています。メイクセラピストになるために必要な情報や知識が一か所にまとまっているので、最短ルートで目標に向かうことができますよ。時間と費用に余裕があるなら、メイクセラピーだけでなく介護関連資格にもチャレンジしてみてください。メイクを軸に介護関連の知識をつけていけば、介護現場で活躍するメイクセラピストとしてより充実した日々を送ることができますよ!

独学はなかなか難しい

最も注目されている記事

  • 導入事例をチェック
    導入事例をチェック 更新日

    介護施設におけるメイクセラピーの導入事例は、メイクセラピストの仕事についての理解を深めるのに役立ちます。メイクセラピーを体験した高齢者の多くが結果にとても満足しており、次の機会を楽しみにしています。最初は遠慮がちな人も、メイクが進むにつれ積極的になるケースが多いようです。実際にメイクをするのは女性ですが、男性もその場の華やいだ雰囲気を一緒に楽しんでおり、全体としてのコミュニケーションが活発になります。

  • 介護業界に転職する
    介護業界に転職する 更新日

    メイクセラピストとして介護業界で働くためには、介護ケアを受ける高齢者の心に寄り添う強い気持ちが必要です。深い苦しみや悲しみに関する話に触れたときでも、落ち着いて相手の心に寄り添う覚悟を最初にしっかりと持っておきましょう。転職活動は、介護業界に特化している転職エージェントにまず相談してみることをおすすめします。おすすめのエージェントとして、「きらケア介護求人」「ココカイゴ転職」の2社を厳選して紹介します。

メイクセラピストに関心ある方へ メイクセラピストに関心ある方へ

美容を用いた新しい介護ケア「メイクセラピスト」について仕事内容や求人事情などを紹介するサイトです。