介護現場でメイクセラピストとして働くには

セラピストとして働く

セラピストとして働く

介護現場で働くセラピストとして、介護アロマセラピストと福祉ネイリスト、メイクセラピストについて紹介します。それぞれセラピーに用いる手段は違いますが、介護や福祉に関連する知識が必要である点は共通しています。介護の資格や経験などが必須ということではありませんが、資格や経験がある人ならセラピストとしての仕事に厚みが出るでしょう。各種専門の認定資格があるので、資格を目指して勉強すると知識が身につきます。

メイクセラピストになるために必要なのは、メイクの知識とセラピストとしての知識です。ただ相手の希望通りのメイクをすることではなく、相手の心のケアを行う仕事であることを自覚することが重要です。メイクセラピストになるための勉強は独学でも可能ですが、専門教育を受けたことがない人にとってはやや難しいでしょう。はじめてメイクについて勉強するなら、養成講座などを利用することをおすすめします。余裕があれば、介護関連の資格にもチャレンジしてみましょう。

これからメイクセラピストを目指すなら、強い気持ちを持って目標へと向かいましょう。介護現場ではさまざまな高齢者との出会いがあり、深い苦しみや悲しみを抱えている人の話を聞く機会もあります。どんなに辛い話であっても、逃げずに寄り添う覚悟を最初に持っておくことがとても大切です。メイクセラピストとして介護業界へ転職するなら、介護求人や介護業界の事情に詳しい転職エージェントに相談して最良の方法を探りましょう!

最も注目されている記事

  • 導入事例をチェック
    導入事例をチェック 更新日

    介護施設におけるメイクセラピーの導入事例は、メイクセラピストの仕事についての理解を深めるのに役立ちます。メイクセラピーを体験した高齢者の多くが結果にとても満足しており、次の機会を楽しみにしています。最初は遠慮がちな人も、メイクが進むにつれ積極的になるケースが多いようです。実際にメイクをするのは女性ですが、男性もその場の華やいだ雰囲気を一緒に楽しんでおり、全体としてのコミュニケーションが活発になります。

  • 介護業界に転職する
    介護業界に転職する 更新日

    メイクセラピストとして介護業界で働くためには、介護ケアを受ける高齢者の心に寄り添う強い気持ちが必要です。深い苦しみや悲しみに関する話に触れたときでも、落ち着いて相手の心に寄り添う覚悟を最初にしっかりと持っておきましょう。転職活動は、介護業界に特化している転職エージェントにまず相談してみることをおすすめします。おすすめのエージェントとして、「きらケア介護求人」「ココカイゴ転職」の2社を厳選して紹介します。

メイクセラピストに関心ある方へ メイクセラピストに関心ある方へ

美容を用いた新しい介護ケア「メイクセラピスト」について仕事内容や求人事情などを紹介するサイトです。