メイクセラピストが行うメイクセラピーの概要とは

まずは概要を紹介

メイクセラピーの概要

毎日メイクをしている人の中には、メイクが好きな人もいれば毎日メイクをするのはちょっと面倒だと感じている人もいます。メイクは身だしなみを整えるために欠かすことができない日課なので、好きかどうかすらあまり考えていないという人もいるでしょう。メイクをする理由がどんなものであれ、メイクをすると気持ちが少し引き締まりますよね。実はメイクって、QOL(生活の質)を向上させる効果があるといわれているんです。高齢者介護の現場でも、メイクセラピーというケアが行われています。メイクをすることで気持ちが明るくなると、思うようにならず心が塞ぎがちな老後の日々がとても豊かなものになっていきます。つまり、メイクセラピーとはメイクによって生活を豊かにするための療法のことなんです!
介護の分野では、認知症の予防や改善、ADLやQOLの向上を目的に導入されています。かつては毎日メイクをしていた女性でも、高齢となって病気になったり介護を必要とする状態になるとメイクをしなくなってしまうことは多いようです。とはいえ、ノーメイクで外へ出ることには抵抗があるので、外出が減ってますますメイクから遠ざかってしまいます。そんな状況を一気に変えてくれるのがメイクセラピーの存在です。メイクをして好きな洋服を着ると、用事がなくても外へ出かけたくなりますよね。高齢者になって介護が必要な状態になっても、その気持ちはまったく同じなんです。外へ出れば人との交流も増えて、自然と笑顔の時間が増えていきます。メイクをするというちょっとした行動が、高齢者の毎日をとても豊かなものにしてくれるならやらない手はありませんよね。生きていくために絶対に必要ではないことのようにも思えますが、そのようなことこそが生活を豊かにするためのスパイスになるのです。メイクセラピーは性別に関係なく受けられる療法です。男性であれば、スキンケアやハンドケアなどを中心としたケアを取り入れることができるでしょう。

メイクセラピーの概要

メイクセラピーに欠かせない能力とは

メイクセラピーは、決まりきった方法を一方的に行えばいいというものではありません。メイクやファッションの好みには個人差がありますよね。高齢者のメイクセラピーの好みにももちろん個人差があります。メイクセラピストは、相手の方がイメージしているなりたい自分像を巧みに引き出していく必要があります。そこで重要になってくるのはやはりコミュニケーション力です。高齢者がリラックスした状態でメイクセラピーを楽しめるよう、密にコミュニケーションをとりながら信頼関係を築いていきましょう。そうすれば、メイクセラピーの効果を最大限に引き出すことができますよ!

メイクセラピーに欠かせない能力とは

最も注目されている記事

  • 導入事例をチェック
    導入事例をチェック 更新日

    介護施設におけるメイクセラピーの導入事例は、メイクセラピストの仕事についての理解を深めるのに役立ちます。メイクセラピーを体験した高齢者の多くが結果にとても満足しており、次の機会を楽しみにしています。最初は遠慮がちな人も、メイクが進むにつれ積極的になるケースが多いようです。実際にメイクをするのは女性ですが、男性もその場の華やいだ雰囲気を一緒に楽しんでおり、全体としてのコミュニケーションが活発になります。

  • 介護業界に転職する
    介護業界に転職する 更新日

    メイクセラピストとして介護業界で働くためには、介護ケアを受ける高齢者の心に寄り添う強い気持ちが必要です。深い苦しみや悲しみに関する話に触れたときでも、落ち着いて相手の心に寄り添う覚悟を最初にしっかりと持っておきましょう。転職活動は、介護業界に特化している転職エージェントにまず相談してみることをおすすめします。おすすめのエージェントとして、「きらケア介護求人」「ココカイゴ転職」の2社を厳選して紹介します。

メイクセラピストに関心ある方へ メイクセラピストに関心ある方へ

美容を用いた新しい介護ケア「メイクセラピスト」について仕事内容や求人事情などを紹介するサイトです。