介護現場でメイクセラピストが行うメイクセラピーとは

注目を集めるメイクセラピーとは

注目を集めるメイクセラピーとは

メイクセラピーとは、メイクによって生活を豊かにすることを目的とした療法のことで、介護現場では認知症の予防や改善、ADLやQOLの維持、改善に役立てられています。メイクセラピーには女性だけでなく男性向けのメニューもあります。メイクやファッションは人それぞれ好みが異なるものなので、メイクセラピストは患者との密なコミュニケーションによって相手の好みやイメージしている自分像を巧みに引き出していく必要があります。

メイクセラピーは、高齢者のQOLを向上させるのに役立つ療法です。期待できる効果としては、メイクによって気分が上がる心理的効果や人との関わりを楽しめるようになるなどの社会的効果、手指のリハビリ効果、唾液の増加による口腔機能アップ、脳への刺激による認知症予防・改善などさまざまなものがあります。高齢者にとっては、メイクの一連の動作を行うだけでもリハビリ効果があり、五感へ適度な刺激を与える効果もあります!

メイクセラピーは、知識として知っているのと実際に導入した現場を知っているのとでは大きくイメージが異なる可能性があります。メイクセラピーを導入した施設のスタッフに聞くと、メイクセラピーをきっかけに明るく元気になっていった高齢者の様子を知ることができます。施設利用者の心の状態が安定して、職場の雰囲気が改善されたという効果もあったようです。メイクセラピーの様子を写真や動画などで見ておくのも勉強になります。

メイクセラピストとして介護現場で働くにあたって、美容系の介護ケアを幅広く知っておきましょう。介護ケアとしてのネイルケアは、爪を飾るための細かいパーツを使わず高齢者を疲れさせないよう行うのが基本です。ヘアケアは介護施設でもともと行われていることですが、美容を意識したヘアケアはまだこれから広がっていく分野です。好みの香りや効果から精油を選べるアロマケアでは、香りによって心身の状態を整える効果が期待できます。

最も注目されている記事

  • 導入事例をチェック
    導入事例をチェック 更新日

    介護施設におけるメイクセラピーの導入事例は、メイクセラピストの仕事についての理解を深めるのに役立ちます。メイクセラピーを体験した高齢者の多くが結果にとても満足しており、次の機会を楽しみにしています。最初は遠慮がちな人も、メイクが進むにつれ積極的になるケースが多いようです。実際にメイクをするのは女性ですが、男性もその場の華やいだ雰囲気を一緒に楽しんでおり、全体としてのコミュニケーションが活発になります。

  • 介護業界に転職する
    介護業界に転職する 更新日

    メイクセラピストとして介護業界で働くためには、介護ケアを受ける高齢者の心に寄り添う強い気持ちが必要です。深い苦しみや悲しみに関する話に触れたときでも、落ち着いて相手の心に寄り添う覚悟を最初にしっかりと持っておきましょう。転職活動は、介護業界に特化している転職エージェントにまず相談してみることをおすすめします。おすすめのエージェントとして、「きらケア介護求人」「ココカイゴ転職」の2社を厳選して紹介します。

メイクセラピストに関心ある方へ メイクセラピストに関心ある方へ

美容を用いた新しい介護ケア「メイクセラピスト」について仕事内容や求人事情などを紹介するサイトです。